大阪を拠点とした製造業 経営コンサルタント

コンサルティングについて

コンサルティングについて

実績エリア

経営コンサルタントコラム

儲かる5S・評価される5S

金融機関向けカリキュラム

製品別原価とコストダウンセミナー

生産管理の改善で成果が出ない理由:大企業の場合

顧客に主導権がある営業プロセス改善と違い、生産管理改善の主導権は、基本的に自社にある。
よって、スピーディな成果創出が可能である。
にもかかわらず、健全経営の維持に必要な成果を、生産管理改善で創出できていない企業が少なくない。
それには、理由がある。

大企業で多く見られる、成果が出ない理由

多くの大企業が、生産性向上・品質改善・在庫低減などの、重要テーマ改善に取り組んでいる。
目標と実績の数値化も、実施している。
活用度はともかく、成果を上げるための仕組みやルールもある。

しかし、期待通りの成果が出ていないことが多い。

その理由は2つ

  • 実行策は、きれいにまとまっているが抽象的で、具体性に欠ける。 例えば
    ・負荷(仕事量)と投入(作業時間)の最適化
    ・間接
    ・損失作業の改善
    ・源流管理の徹底
    ・滞留在庫・死蔵在庫の抑制
    等のレベルまでしか、掘り下げられておらず、現場ですぐに実行できない。
  • 「各種改善業務をやっているだけ」、「やることが目的の改善活動」が、放置されている。 シビアな運用ができていないということである。

    そこそこやっているが、成果の追求が甘い。
    部長・課長クラスの目標達成への執念が、あまり高くないこともよくある。

【大阪・兵庫】大阪市・東大阪市・八尾市・摂津市・吹田市・大東市・羽曳野市・堺市・河内長野市・枚方市・寝屋川市・西宮市・尼崎市・姫路市・三田市
【その他地域】福島県・東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・静岡県・愛知県・三重県・奈良県・和歌山県・徳島県・鳥取県・島根県・愛媛県・福岡県

copyright© 2015 kinoshita consulting office allright reseved. 当サイトの文章・画像等の複製・転写・無断使用は禁止しております。